プロスペックス LXラインデビュー

セイコーウォッチサロン専用モデルのプロスペックス最上級ライン「LXライン」が登場しました。

 

今回のデザイン監修はフェラーリのデザイナーとして有名な Ken Okuyama氏。他にもマセラティ、ポルシェ、ドゥカティのデザイン、北陸とはゆかりが深い北陸新幹線のデザインも手掛けられました。

 

コンセプトはモダン・シンプル・タイムレスで時間がたっても色あせないデザインで作られました。

 

プロスペックスの「陸・海・空」それぞれを独自にアレンジしたものとなっております。機械はスプリングドライブを搭載しておりますので性能的にも申し分ありません。

 

SBDB031 チタン(ダイヤシールド) 自動巻きスプリングドライブ GMT パワーリザーブ \626,400

 

SBDB029 チタン(ダイヤシールド) 自動巻きスプリングドライブ GMT パワーリザーブ \572,400

 

SBDB027 チタン(ダイヤシールド) 自動巻きスプリングドライブ \680,400

 

上から「空・陸・海」となっています。どれもデザインコードは一緒ですが一目でどれかわかる意匠になっています。シンプルでありながら高級感のあるデザインはさすがです。ブレスレットをつなぐラグがより逞しくなりそれに伴ってブレスレットも逞しいものになりました。

また、エッジの稜線も非常に明確で一目で高級時計とわかるデザインです。

 

 

さらにあらたに加わったのが

 

SBDB025 チタン(ブラックダイヤシールド) 自動巻きスプリングドライブ GMT パワーリザーブ \626,400

 

SBDB023 チタン(ブラックダイヤシールド) 自動巻きスプリングドライブ GMT パワーリザーブ \572,400

 

SBDB021 チタン(ブラックダイヤシールド) 自動巻きスプリングドライブ \680,400

 

ケースに施されている硬化コーティングのダイヤシールドは硬さが2~2,5倍、ブラックダイヤコーティングは硬さが3~4倍になるので日常使われも傷などが目立ちにくくなっています。

 

特にこのブラックモデルはかなりかっこよかったです。見た目は重厚ですがチタンケースで軽いので毎日でも着けたくなります。

ロレックスやオメガなど持っている方にはもちろん、ちょっと良い時計でそこまで押し出し館の強くない時計をお探しの方にはピッタリです。

 

北陸ではエルサカエ富山総本店のみでの取り扱いになりますので是非一度ご覧ください。

 

 

 

211PV