BASELWORLD2019 レポート 

今年もエルサカエスタッフでバーゼルワールド2019に行ってきました。

 

 

 

インターネットが普及している中でも実際に現場に行ってみるとその場の空気感など感じることが出来て大変勉強になります。

今年は、スウォッチグループが抜けた為全体の参加者自体も例年の半分程度に落ちたとの報道もあり昨年と比べても静かでした。

来年からまた新たな動きも見せていくと思いますが来年もまた注視していきたいと思います。

 

今年はなんといっても注目はブルガリです。

オクトフィニッシモクロノグラフ。5回目のワールドレコードで世界最薄クロノグラフとなります。昨年出たオクトフィニッシモトゥールビヨンオートマティックの自動巻き機構ペリフェラルローターを組み込みました。あちらは1300万ほどしますがこちらは180万円程でかなり手の届く価格帯となりました。ケース厚が6,9mmと普通の時計でも薄型といわれる薄さです。また、プッシュボタンなどもケースとどうかしておりイタリアらしいセンスのよさが際立っています。

 

 

ブルガリオクトフィニッシモクロノグラフ 103068

チタン 自動巻き クロノグラフ GMT 30M防水 ケース径42mm

 

 

 

こちらはオクトベロチッシモ 今まではベゼルピンクゴールドかインデックスゴールドのみでしたがその中間モデルが出ました。

金の指し色がさりげなくてとても良いですね。

文字盤もブラックではなくチャコールグレーですので非常におしゃれです。

 

ブルガリ オクトベロチッシモ BGO41PBBSGVDCH ¥1,393,200(税込み)

ステンレススチール/PVD K18ピンクゴールド 自動巻き クロノグラフ 100M防水 ケース径41mm

 

 

84PV