分解掃除 部品の洗浄

修理担当の森田です。日々の時計修理の一部をご紹介しています。

本日は、分解掃除の要である、部品の洗浄です。

 

まずは、分解した部品を、シャーレの中のベンジンに入れ、刷毛で一つ一つ、

点検も兼ねて手洗いしていきます。

 

 

 

刷毛で落としきれない油汚れなどは、柳棒(やなぎぼう)といわれる

細い木の棒を使ってこすり落としたり、研磨剤を使ってみがきます。

 

 

 

その後、時計回転洗浄機のバスケットに部品をいれて、洗浄します。

 

 

 

 

回転洗浄機は3槽にわかれていて、超音波も加えながらの洗浄となります。

洗浄時間は20分くらいです。

回転洗浄機の前工程の手洗いを行うことで、本当に部品が綺麗な状態になります。

いかに部品をきれいに洗浄するか、いつも気を使っています。

219PV