ゼンマイ交換

修理担当の森田です。日々の作業の一部をご紹介しています。

本日は機械式時計のゼンマイ交換です。

手巻きをしても動き出さない、という症状でしたが、ゼンマイが切れていました。

S字型をしたのが、ゼンマイです。右側の丸い、真鍮製の香箱車(こうばこぐるま)の中に入っているものです。機械式時計の動力源です。

香箱車の真(しん、軸のこと)に巻きつく部分が切れています。この場合は、新しいゼンマイに交換となります。

ゼンマイを入れました。香箱車の内側にオイルをつけます。

自動巻の場合、ゼンマイがいっぱいに巻かれたとき、スリップする必要があります。

香箱車の蓋を閉めて、ガタつきの確認と修正をします。

写真では、香箱車の真をつかんで、ゼンマイのスリップの具合を点検しています。

動力源であるゼンマイを納めている、香箱車。

機械式時計の一番車とも呼ばれる最初の歯車で、調整には気を使います。

 

158PV