バンド、ケースの研磨

時計修理担当の森田です。日々の修理の一部をご紹介しています。

時計修理を分解掃除でお預かりした場合、バンドやケースの外装の研磨もしています。

写真のバンドの素材はステンレスですが、真ん中の部分が鏡面仕上げ(ピカピカに光っています)

外側がヘアライン(細かい筋あり)のため、耐熱テープで養生しています。

 

 

その後、写真のような機械を使って、研磨していきます。

バフ(円盤状の布)に研磨剤をつけながら仕上げていきます。

 

分解掃除と同様に、外装の仕上げも大切な作業です。

 

 

184PV