バンド修理(Wロックピン交換)

時計修理担当の森田です。

日々の修理の一部をご紹介しています。

金属バンドの中留めの、Wロックのピンがはずれています。

バンドの付け外しで負担のかかる場所で、よく見られる修理です。

中留め金具一式で交換する場合もありますが、今回はピンの交換で対応しました。

使われているピンの幅、太さ、ピンの頭の大きさを合わせる必要があります。

取り付け後、Wロックのしまり具合を調整し修理完了となりました。

金属バンドも部分的に修理することで長く使うことができます。

104PV