バンド修理(中留め金具のプッシュバネ交換)

時計修理担当の森田です。

日々の修理の一部をご紹介したいと思います。

バンドの中留めの金具が、すぐにはずれてしまう、とのこと。

中留めを分解したところ、内部のバネが破損していましたので、交換となりました。

このタイプは、ネジで中留めを分解できますが、できないものは中留め金具の交換となります。

今回は、内部のバネ交換だけで直すことができました。

バンドの中留めは、時計のつけ外しで負担がかかり、修理の多い箇所になります。

182PV