ザ シチズン 純度の高い1秒を求めて… その1

ザ・シチズン に搭載された「Caliber 0100」は、精度を実現するために一般的なクオーツの用いる「音叉型水晶振動子」の替わりに「ATカット型水晶振動子」に着目。今回採用したATカット型水晶振動子は通常の音叉型水晶振動子の250倍以上にあたる8.4MHzという周波数を持っています。温度、重力等の外部からの影響に強いです。更に経時変化しにくい特性も有るようです。

ATカット型水晶振動子は腕時計で使うには電力の消費が大きいのでシチズン が水晶振動子の素材の選定から設計、試験を何度もした結果エコドライブで安定した駆動と、光が当たらないところでも180日の駆動時間を確保しました。凄い

次回も楽しみに‼️

86PV