2018.03.16

自動巻 ローター真の錆

 今回の修理は、自動巻きの巻き上げ不良で持ち込まれたものです。

時計を軽くふってみると、ブルーンと異音がします。

分解して点検すると、自動巻き機構の、ローターと呼ばれるゼンマイを巻き上げるための

扇型の重りの軸が、写真のようにかなり錆ついていました。

 ここまでの状態になれば、ローターの軸の交換になってしまいます。

油切れになる前に、定期的な分解掃除をすることで、内部部品への負担が軽くなります。

32PV

エルサカエ富山総本店

富山県富山市奥田町3-14
TEL 076-431-3200
営業時間/10:00〜19:00
定休日/火曜日

SORAブログ
SEIKOフェア
CITIZENフェア
CASIOフェア

人気記事ランキング

アーカイブ