2018.03.10

風防の研磨

 本日の写真は、時計のガラス (風防と呼ばれ、素材がプラスチックのもの) を磨いているところです。

 アンティーク(1970年頃)の時計に、この風防がよく使われていて、本来は消耗部品なので交換したほうがよいのですが、今回のように磨くこともあります。

 風防の素材はとても軟らかく、傷がつきやすいのですが、研磨によって比較的簡単に小傷を取ることができます。

最近では、サファイヤの素材で風防のスタイルを再現している時計もあり、ボックス型サファイヤガラスと呼ばれることもあります。

 

35PV

エルサカエ富山総本店

富山県富山市奥田町3-14
TEL 076-431-3200
営業時間/10:00〜19:00
定休日/火曜日

SORAブログ
SEIKOフェア
CITIZENフェア
CASIOフェア

人気記事ランキング

アーカイブ