2017.09.15

部品の点検・修正

  オーバーホール時に分解した部品は、1つ1つ洗浄しながら状態を点検していきます。

 あまりにも摩耗してしまった部品は交換しますが、少し変色しているものであれば磨いて再利用します。

 歯車の軸の部分を磨く時は、研磨剤をヤナギ棒(爪楊枝みたいなもの)につけて行っています。

 古い時計を修理する場合は、部品の交換ができないことも多いため、致命的な部品の傷みがないかどうか、いつもより慎重になります。

 

58PV

エルサカエ富山総本店

富山県富山市奥田町3-14
TEL 076-431-3200
営業時間/10:00〜19:00
定休日/火曜日

JAEGER-LECOULTREブログ
OMEGAブログ
SORAブログ
SEIKOフェア
CITIZENフェア
CASIOフェア

人気記事ランキング

アーカイブ