2017.08.09

時計旋盤(三種の神器・その2)

 本日のご紹介は、時計旋盤 です。

幅が30センチほどの、小型の時計修理専用です。

 以前(30~40年ほど前)の、三種の神器のひとつで、私の使っている写真のモデルもかなり古いものです。

 一般的には木工用の、ろくろ のようなものだと思います。

 時計修理では、部品の加工、修正などに使われます。

旋盤の技術のある方であれば、髪の毛ほどの細さの真棒や、歯車までも

作れるとのこと。

 私は主に、ちょっとした部品の修正に使っていますが、すこしずつ、使いこなしていきたいと思っています。

 

 

90PV

エルサカエ富山総本店

富山県富山市奥田町3-14
TEL 076-431-3200
営業時間/10:00〜19:00
定休日/火曜日

SORAブログ
SEIKOフェア
CITIZENフェア
CASIOフェア

人気記事ランキング

アーカイブ