エルサカエ 室長ブログ

2017年は日本・タイ修好130周年

2017.01.03

今年2017年は日本とタイの修好130周年とのことです!

我々宝石業者にとっては最も身近な海外で切っても切れない関係です。実際にタイではほとんど宝石は採れませんがいまだに集積地としての役割を果たしています。

タイは大変親日の国として有名ですし、戦争において東南アジアで唯一独立を保った国でもあります。

また、タイは国王が非常に大切にされて慕われていますね。内紛が起きても国王が出れば治まるという素晴らしい国です。日本でも天皇陛下は国民に愛されていますがタイでも同じ事がいえますね^^

私もタイが大好きでタイ料理も大好きです^^

日本とタイのますますの関係発展して欲しいですね^^

 

tai

希少石 アメリカ産サンストーン

2016.03.14

 

 

 

おはようございます

宝石というものは同じ種類でも産地によって個性の違うものが多くあります、例えばサファイアでもスリランカ産やアフリカ産などはよくありますが、ミャンマー産、カシミール産などはびっくりするぐらいきれいなものもありますし内包物も面白いものがあります

サンストーンは半透明な石の中に内包物を多く含みそれがキラキラ光るという宝石ですが、中でもアメリカ産のものはサンストーンではないような輝きを放ちます

去年数個だけ見ましたがびっくりしました

 

afafgg

□俄フェア□

日程:3月12日~26日

場所:エルサカエ富山総本店

特典:多数のご予約・ご成約特典をご用意しております。

 

 

 

宝石の産地 カシミール産サファイア

2016.02.01

おはようございます :-P 

サファイアの宝石産地として有名なのがこのカシミール産サファイアです

ずっとインド・パキスタンの紛争地帯の為鉱山は閉山していますので現在では採れません :cry:  なんちゃってカシミール産が出回っている噂も聞きますが新規で採れることはありませんので

では今手に入れるにはどうすればいいのか?というと・・・100年前のアンティークジュエリーについているものをオークションで落とす方法があります これですともちろん非加熱で合成ではないので安心です 但し大きさにもよりますが10ctぐらいのものだと2億円ぐらいするので現実的ではないですね・・・ :cry: 

カシミールサファイアの特徴はなんといってもあの独特のミルキーなシルクインクルージョンです。ぼやっとした青が特徴的です

いままで10ピースほど見ましたが普段日本で店頭で見るということはありませんのでもしあるようでしたら是非行ってみると良いです

※カシミール産といっても当然品質はピンキリです

 

□真珠フェア□

場所・日程:

1/22~24エルサカエイオンモールかほく 1/23~24エルサカエファボーレ店 1/29~31エルサカエアピタ砺波店 

2/5~7エルサカエアピア店 2/6~8エルサカエ高岡本店 2/13~15エルサカエ富山総本店・金澤本店 2/20~22エルサカエ富山東店・魚津店 2/27~29エルサカエ総曲輪店

特典:多数のご予約・ご成約特典をご用意しております

 

 

宝石の産地 モゴック産ルビー

2016.01.31

おはようございます :-P

宝石にはいろいろな種類があります。中でも宝石の「王様」と言われるルビーはその代表格で、中でもミャンマーのモゴック鉱山で採れるルビーは数あるルビー産地の中で一つ飛びぬけてます :-P

歴史的にも15世紀ぐらいから本格的に稼働し始めており、当時フランス政府がモゴック鉱山を採掘する権利を持っていたのをイギリスが武力などで奪ってしまいました イギリスは大国フランスと戦争してまでも欲しい鉱山がこのモゴックだったのです :-P

このモゴック産ルビーは紫外線でとても鮮やかに蛍光します 自然光でも若干蛍光するので他のルビーと比べても鮮やかな輝きを起こします

そして産出量が恐ろしく少ないためどうしても高くなってしまいます ましてや加熱処理のないルビーともなると・・・。

世界で唯一天然無処理のルビーだけを扱う㈱モリスさんでもこの本物の非加熱ルビーを手に入れるのは容易ではないようです

㈱モリス オフィシャルサイト  http://www.morisruby.com/

 

□真珠フェア□

場所・日程:

1/22~24エルサカエイオンモールかほく 1/23~24エルサカエファボーレ店 1/29~31エルサカエアピタ砺波店 

2/5~7エルサカエアピア店 2/6~8エルサカエ高岡本店 2/13~15エルサカエ富山総本店・金澤本店 2/20~22エルサカエ富山東店・魚津店 2/27~29エルサカエ総曲輪店

特典:多数のご予約・ご成約特典をご用意しております

 

宝石鉱山へ行きました~チャンタブリ~

2015.09.16

おはようございます :-P 

タイ3日目は現在唯一稼働している宝石鉱山チャンタブリへ行ってきました  片道4時間の長旅でしたがとても貴重な経験でした  このチャンタブリタウンは宝石の町としてとても有名で市立の宝石博物館もあります

タイは今雨季の真っ最中で鉱山に行く途中にスコールに見舞われてしまい鉱山はお休みになってしまいました :cry:  

今では近代化されショベルカーやなどで掘っています。主にサファイアが採れるのですがタイ産サファイアは世界の中でもシェアはかなり低くなっています。それぐらい採れなくなってきているようです

またチャンタブリタウンでは至る所で宝石の販売会が行われています これはインドやスリランカなんかとも一緒でとても活気がありました  

もうあと何回鉱山に行けるのかわかりませんがまた行ってみたいと思います

 

DSCF2293DSCF2364DSCF2400

宝石の産地を訪ねて ~インド:1~

2015.05.11

おはようございます

 

歴史上一番最初にダイアモンドが発見されたのはインドです。そのインドにいまから3年ほど前に行ってきました。経済的にはこれからどんどん良くなるインドですがジュエリーの文化に関しては日本より数百年進んでいます

インドは濃かったです!原液のフルーツジュースのように凝縮されていました インドは大好きになるか大嫌いになるかわかれるといいますが私は大好きです

インドのジュエリーの市場規模は4兆円といわれていて、今後1,5倍程度までは成長が見込めるということです 8-O 

インドの主たるジュエリーは婚礼にあります。お金持ちは当然として貧乏な人も親戚中からお金をかき集めて娘の婚礼ジュエリーを買い揃えます 

 

写真の様にコテコテのジュエリーですが高級宝飾店にいくとこれらのジュエリーが数百点展示されています。使うとか使わないではなく何千年も続く風習なのですね :oops:  この差が日本とインドの差でしょう。

 

□オメガフェア□

日程:4月24日~5月25日

場所:富山総本店

特典:最大72回金利無料 ワインディングマシーンプレゼント(自動巻き時計購入)

 

978377720

宝石の産地を訪ねて ~ミャンマー2 ~

2015.04.28

おはようございます

ミャンマー紀行第二弾です 。ヤンゴンから古都マンダレーに行くことになりました。マンダレーはいたるとことに仏塔が立ち並びすごく幻想的な街でした 宝石関係なく観光としてもお勧めですよ

さて、ここを起点に片道8時間かけてルビー鉱山として世界一有名なモゴック鉱山へ・・・・のはずが大雨で街が水没したらしく大使館の許可が下りなくなって中止になりました

失意のまま帰りに飛行機で帰るのですがなんと飛行機は自由席  電車じゃないんだから・・と思いながら乗り込みました

飛び立ってしばらくしたら  あれ?  もどってる !! 後で聞いたら雷がプロペラに直撃して片方が死んでしまったとのこと・・・プロペラ機でよかった~ ^^

ヤンゴンに戻りモリスの研究所で実際にルビーを火であぶって加熱実験してみました。1時間ほどしかあぶらなかったのでほとんど変化はありませんでしたがとても原始的な方法で処理していて驚きました。官・産・学共同で実験し、国を巻き込んで活動している姿に同じジュエラーとして誇りを感じました^^

 

□ タグホイヤーフェア開催中 □

日程:~4/27  (富山総本店は4/20まで)

場所:富山総本店 高岡本店 総曲輪店 ファボーレ店

特典:1最大72回まで金利手数料無料 2ワインディングマシーンプレゼント(自動巻き) 3エルサカエ独自保険サービス(40万円以上) 4裏蓋刻印サービス 5結婚・結納の方には水引サービス

 

□俄ブライダルフェア□

日程:4/25~5/6

場所:金澤本店

特典:ご予約・ご成約ともに特典あり

 

□オメガフェア□

日程:4月24日~5月25日

場所:富山総本店

特典:最大72回金利無料 ワインディングマシーンプレゼント(自動巻き時計購入)

 

imagesTJ9OYV9P

 

 

 

 

宝石の産地を訪ねて ~ミャンマー 1~

2015.04.27

 

 

おはようございます

ネクストアジアの急先鋒のミャンマー(旧ビルマ)ですが、いまから6年ほど前にモリスさんとまだまだ注目もされていない時に行ってきました。

ミャンマーと言えば世界で一番高価なルビーの取れる産地として有名ですね

ヤンゴンの市内に政府のオークション会場があって行ってきたのですが、ルビーは日本よりも遥かに高く落札されているのを見て、世界でルビーの人気というのはこれほどのものか!と驚きました^^

 

そこにある壁画にはミャンマーの王様とイギリス人が描かれていて、イギリスがミャンマーの富のすべてを奪っていく様が描かれていました。イギリスの前にフランスが植民地化していたのですが彼らはまだきちんとした手順で富を盗っていたのですが、イギリスに代わるとめちゃくちゃにしていったそうです

もちろん、日本人には超親切なミャンマー人でしたよ^^

 

 

□俄ブライダルフェア□

日程:4/25~5/6

場所:金澤本店

特典:ご予約・ご成約ともに特典あり

 

□オメガフェア□

日程:4月24日~5月25日

場所:富山総本店

特典:最大72回金利無料 ワインディングマシーンプレゼント(自動巻き時計購入)