エルサカエの活動
2016.07.15

グランドセイコーの工房 岩手県雫石

こんにちは 😛

今日も朝から経営者モーニングセミナーにいってすがすがしい一日のスタートを切れました^^

さて、先日ははるばる岩手県まで行ってグランドセイコーの機械式の生産をしている雫石町まで行ってきました 😛

富山からだと3時間半、前の乗換えで東京に行っていたのと同じぐらいの時間です。東北も近くなったものですね

盛岡駅についてまずは名物の「盛岡冷麺」を頂きました 現地で食べたので3割り増しでおいしく感じました 😛

CIMG2344

 

 

 

 

 

 

それからいよいよタクシーで雫石へ!

CIMG2345

 

 

 

 

 

 

こちらが雫石高級時計工房です 😛 中ではモニターでお出迎えの画面をわざわざ作ってくれていました。

 

我々以外にも地元の社会見学の学生が見学に来ていました。なんとも贅沢な経験ができて羨ましいものです

さて、ここの雫石高級時計工房ではムーブメントとケーシング、検査まで行っています。セイコーはねじからひげぜんまいまで自社で作る世界的にもほとんど無い自社一貫生産方式を採っています 😛  ひげぜんまいは日々細かなマイナーチェンジをしているようでこれは自社製の最大のメリットでしょうね 😛

中でも最も精度に影響を与えるひげぜんまいの軸の部分は現状機械では5/1000㎜までしか出来ないのですが最後は手作業で2/1000㎜まで調整するとのこと。スイスのクロノメーター規格以上に厳しいGS規格を通すには最初のセッティングから完璧にしないと調整は難しいそうです。

また、こちらではクレドールの世界最薄クラスの1,98㎜ムーブメントや彫金もしています。彫金も日本では一度の彫り込みで均一かつシャープなエッジをだすとういう超絶技法が日々行われています(1日に2個しか作れないそうです)

日本の機械式時計の聖地雫石、想像以上に素晴らしい工房でした。

 

 

 

83PV

エルサカエ富山総本店

富山県富山市奥田町3-14
TEL 076-431-3200
営業時間/10:00〜19:00
定休日/火曜日

SORAブログ
SEIKOフェア
CITIZENフェア
CASIOフェア

人気記事ランキング

カテゴリ―

アーカイブ