誕生石
2015.12.09

星座石 いて座

imagesVNOIP7MT

おはようございます :-P

星座石というものをご存じでしょうか?初めての人にとっては、

「え?誕生石は知ってるけど星座石?後から売り込むために作ったんじゃないの?」

と思われるかもしれませんがそうではないのです :mrgreen:

 

時は今から6000年前の紀元前4000年ごろ。現在のイラクのあたりチグリス川とユーフラテス川に住んでいたシュメール人によるものとされています。彼らは天体が規則的な動きをしていることを発見しそれを農業や畜産などに活かし始めます。月の運行から太陰暦も発明しました。

そして南バビロニアに住むカルデア人たちが占星術というものを考え出していき、星座もこの時代に作られたそうです。

カルデア王国は滅び様々な王国が出来ては消えていきますがこれら占星術や星座は継承されていきます。紀元前5世紀頃になると天文学者や占星術師などからの意見も元にして星座石というものが出来、さまざまな変遷をたどりながらも13世紀ごろに今のような星座石なっていたとのことです。

 

今のように人工的な明かりのなかった時代、真っ暗やみの夜に輝く星たち。古の先人たちは星やその運行を頼りに生きていったことは間違いありません。そこには人知を超えた何かがありますし、同じく宝石自身にも人知を超えたパワーと神秘性が宿っています。それらが融合して星座石になる。何も不思議ではなくなってきませんか?

 

星座石 いて座 アレキサンドライト

 

ケンタウロス族のケイロンはクロノスと水の精ピリュラの間に生まれました。クロノスの血を継いで不死身で卓越した知能をも持ち合わせています、またとても人格者だったようで多くの人物を教えていました。ヘラクレスとの争いの際に彼の放ったヒュドラの毒のついた矢によって死ぬこともできず苦しみ続けます 😥  結局彼は死を選びましたが彼の数々の功績で星座へとなりました

いて座は人間界と神の世界を持つ二元宮の星です、この光源によって異なる輝きを放つミステリアスな宝石はいて座にピッタリですね

 

 

 

 

 

 

 

12PV

エルサカエ富山総本店

富山県富山市奥田町3-14
TEL 076-431-3200
営業時間/10:00〜19:00
定休日/火曜日

SORAブログ
SEIKOフェア
CITIZENフェア
CASIOフェア

人気記事ランキング

カテゴリ―

アーカイブ