装飾文様
2015.03.16

装飾文様とジュエリー Vol.1 蛇

おはようございます 🙂

 

人類における装飾には様々なものがあります。古いものではエジプト文明時代のロータス「蓮の花」の文様など数千年の時を超えて使い続けられているものがたくさんあります。中にはかわいいもの・グロテスクなもの・かっこいいもの・不気味なもの・・・それらすべては生み出した人たちの「思い」が込められています。特に思いを込めるという意味で最もふさわしいジュエリーにもたくさんそういった文様が使われています。

そういった「文様」とそれに込めた「思い」とジュエリーをお伝えしていきます。

 

「蛇」ジュエリーにも用いられてきた模様として蛇は一番有名です。ブシュロン、ダミアーニなど様々なブランドが現在も使っています 😛

日本では嫌われ者ですがヨーロッパでは(キリスト教以外)神秘的で超越的な力を持ち、治癒・大地の生命力を表しています。

王を守護するもの、医療の象徴でもあることから、会社経営者やトップのひと、医療従事者の方が身に着けるとさらに良いのかもしれません 😛

 

残念ながらキリスト教においてはエデンの園でイヴをそそのかした動物ということで否定的なイメージが付きました^^;

私が巳年というのもありますが、たまに山で見る蛇はおぞましさとともに神秘的な感じを受けます、何とも不思議な生き物ですね 😛

 

imagesHNAMOSFZ無題

9PV

エルサカエ富山総本店

富山県富山市奥田町3-14
TEL 076-431-3200
営業時間/10:00〜19:00
定休日/火曜日

SORAブログ
SEIKOフェア
CITIZENフェア
CASIOフェア

人気記事ランキング

カテゴリ―

アーカイブ