歴史
2017.05.30

ベルギーアントワープ出張 4

今回の出張はAWDCとの会合がメインでしたが地元のダイアモンド業者とも商談がありました。

今回はベルギーと日本の親睦を深めるためパーティも催してもらいました。

場所は市庁舎で歴史遺産にもなっているところです。

市庁舎の前の像はアントワープの由来になったものです。アントワープはアント(腕)ワープ(投げる)という意味で、昔アントワープに巨人が住んでいて川を渡る人に通行量を請求し、断れば捕まえて腕を切っていたそうです。そこへ騎士ブラボーが赴き、巨人の腕を切って解決したといういわれが元になっています。

 

パーティにはAWDCの幹部の方々はもちろん、駐ベルギー大使も来場され我々一団を歓迎してくれました^^

この場で正式にエルサカエもAWDCから認定証を頂き、場所も相まって身が引き締まる思いでした。

それにしてもこの市庁舎素晴らしいものがあります。

アントワープは14世紀頃までヨーロッパでもっとも先進的な街でした。ヨーロッパで最初の高層ビルもここアントワープだったり繁栄を謳歌していました。この市庁舎はまさにその象徴です。

市庁舎の中も素晴らしいです^^テンションの上がる場所ですね!!

 

48PV

エルサカエ富山総本店

富山県富山市奥田町3-14
TEL 076-431-3200
営業時間/10:00〜19:00
定休日/火曜日

SORAブログ
SEIKOフェア
CITIZENフェア
CASIOフェア

人気記事ランキング

カテゴリ―

アーカイブ