歴史
2017.05.28

ベルギーアントワープ出張 2

今回の出張ではAWDCさんの全面的なバックアップでかなりベルギーダイアモンドの奥まで拝見することが出来ましたがあいにく撮影不可が多く載せられないのですが一部紹介します。

3つの通りに1700社もの会社が軒を連ねる世界最大のダイアモンドシティアントワープ。ベルギーの輸出の15%がダイアモンドとのことでベルギーの中核産業になっています。政府が積極的に関与しているのも頷けます^^

 

AWDC傘下のHRD(the Hoge Raad voor Diamant)という鑑定機関も見学し最新の鑑定技術を見ることが出来ました^^ここはGIAと並ぶ世界的に有名な鑑定機関ということで一部とはいえ内部を撮影することが出来てラッキーでした。

こちらはダイアの色の鑑定です。マスターストーンという見本と比べて比較して色を決めます。

さらに、人の目だと体調・性格によってズレが起こる可能性もあるため機械での鑑定も取り入れて総合的に判断しています。

全体的に照明を落としているのは鑑定機関によくある風景です。照明は当然鑑定に適した光源を使っています。

鑑定はアナログ的なところが多いですが鑑別に関しては最高精度の機器を導入していました!!このへんは流石です^^

鑑別は近年鑑定機関の最重要項目になってきています。常に最新の検査を求められるので大手でないと今後は残れないでしょうね^^;

 

 

 

48PV

エルサカエ富山総本店

富山県富山市奥田町3-14
TEL 076-431-3200
営業時間/10:00〜19:00
定休日/火曜日

SORAブログ
SEIKOフェア
CITIZENフェア
CASIOフェア

人気記事ランキング

カテゴリ―

アーカイブ